気象災害

竜巻から身を守るには

日本のどこでも発生する可能性があり、9月から10月の台風シーズンにかけて発生が最も多い「竜巻」。竜巻は、短時間で狭い範囲に集中して、甚大な被害をもたらすため注意が必要です。気象庁では、竜巻などの激しい突風に関する気象情報として「竜巻注意情...
土砂災害

キキクル(危険度分布)/気象庁

土砂キキクル(大雨警報(土砂災害)の危険度分布)とは  土砂キキクル(大雨警報(土砂災害)は、大雨による土砂災害発生の危険度の高まりを、地図上で5段階に色分けして示す情報です。常時10分毎に更新しており、土砂災害警戒情報や大雨警報(...
津波

津波から身を守るために/気象庁

2011年東北地方太平洋沖地震の津波被害(気象庁現地調査写真より)  日本は、世界有数の地震大国で、これまで多くの地震や津波による災害を経験してきました。最近では、平成23年の東日本大震災において、東北地方から関東地方にかけての太平...
タイトルとURLをコピーしました