堤防があっても油断は禁物

大雨

1974年(昭和49年)9月 多摩川決壊

東京都狛江市猪方地先の堤防が決壊、19戸の民家が多摩川の激流に呑み込まれました。

f:id:fram7952:20170516175106j:plain

出展 国土交通省 京浜河川事務所 多摩川決壊の碑より
多摩川決壊の碑

悪夢のような多摩川堤防決壊

昭和49年9月1日、「狛江市猪方地先の多摩川堤防が決壊」の一報がマスコミを通じて日本全国に伝えられた。
 昭和49年9月1日、「狛江市猪方地先の多摩川堤防が決壊」の一報がマスコミを通じて日本全国に伝えられた。翌日未明、全国の人々が見守る中、被災状況がテレビの画面に映し出された。長年の蓄積が実り、やっとの思いで建設したマイホームが、それも建設したばかりのものが、瞬時にして次から次へと濁流の中に消えていく様子であった。「おとなしい」「安全な」川として、近郊の人々に親しまれてきた多摩川が突如として、その隠された牙をむいた。
 中心気圧960ミリバール、中心付近の最大風速40メートルの大型台風16号の接近に伴い、発達した雨雲が関東地方に停滞し、激しい降雨にみまわれたのは前日の8月31日のことであった。

東京都狛江市ホームページより
https://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/45,336,349,2102,html

タイトルとURLをコピーしました