生きている間には、災害はもう来ないかを考えてみる

地震
記事内に広告が含まれています。

地震、津波、液状化、原子力発電所被災の発生

2007年(平成19年)7月16日 新潟県中越沖地震

マグニチュード6.8の新潟県中越沖地震が発生し、新潟県柏崎市、長野県飯綱町などで震度6強が観測されました。津波は柏崎市で高さ35cmが観測されています。
被害は柏崎市周辺に集中し、死者15人、負傷者2,346人、家屋損壊40,000棟以上の被害となりました。

出典 気象庁 新潟地方気象台

原子力発電所の被災、液状化の災害

原子力発電所が地震によって被災する初めての例となり、東京電力柏崎刈羽原発では、火災や微量の放射性物質の漏洩の被害がありました。

また液状化の影響で住宅・宅地に甚大な被害が発生し、商業、製造業、農林水産業にも被害が発生し、「平成16年(2004年)新潟県中越地震」の被害からの復興途上であり、再び大きな災害を受けました。
参照 気象庁 新潟地方気象台

生きている間はもう来ないと思った

平成19年新潟県中越沖地震(平成19年7月)

生きている間はもう来ないと思った
~前回の経験、生かせず~

(柏崎市 50代 男性)

私個人としては、数年前の新潟県中越地震の経験はほとんど生きなかったということですね。あのときは、他の人は結構被害があったと言うんですが、うちの場合はちょっと不安定に棚の上に置いていた荷物が1個落ちたぐらいだったものですから。

うちのおやじなんかも、「この辺は地盤がいいから」と言うので、私も安心していたんです。それに、中越地震のような大きな地震は、もう自分が生きている間は来ないだろうなんて、変な自信がありましたね。

それが何年もしないうちにこんな大きな地震が来るなんて夢にも思いませんでした。

出典 内閣府防災情報のページ|一日前プロジェクト

まとめにかえて

出典 新潟県防災教育プログラム 実践の心得

災害は忘れた頃にやって来るとは限りません。また一度来たからもう当分来ないと安心していると、それは油断につながります。
例えばハザードマップを見て自分のいるところは大丈夫だと安心すると、災害が起きて時対応に手間取ってしまう場合があります。
災害はいつ来るか、どのような被害があるのかの予想することが難しいですが、過去にあった災害の経験や歴史を無駄にしないで有効に活用することも防災の備えとなります。

コメント