火を扱う時は慎重に

1854年5月2日~3日(嘉永7年4月6日~7日)  京都嘉永7年の大火「毛虫火事」

午の中刻(正午ごろ)、御所築地内の南東に位置する仙洞御所北殿から出火。折から東の風が激しく吹いており、内侍所(賢所:神鏡を奉安している建物)、紫宸殿(儀式を行う建物)などへたちまち炎が移り、准后(皇族の待遇を受けている臣下)の住まいも炎上した。

 

f:id:fram7952:20160525104559p:plain

京都御所内の傍らで、梅の木に集まった毛虫を焼いていると、火は湯殿に燃え移り、折からの強風のため、あれよあれよという間に御所内に燃え広がったのでした。  火災の原因から、「毛虫火事」と言われています。 

 

  たき火、家庭ごみや刈り集めた雑草の自家焼却は、一部の例外を除き法令で禁止されています。空気が乾燥しやすいこれからの時季、大切な命と財産を火災から守りましょう。

 出典 広島市広報紙 市民と市政 11月1日号 安佐北区

たき火による火災が多発しています! 

平成25年中のたき火が原因となる火災は19件発生しました。

平成24年までの10年間の平均件数は約6件であり,約3倍の発生となりました。

平成26年中は,既に12件発生し(7月30日現在),たき火火災が急増した前年を上回るペースで発生しています!

 出典 京都市消防局ホームページより

京都市消防局:たき火による火災が多発しています!

たき火による火災は,次の場所で発生しています。

f:id:fram7952:20160722143223p:plain(平成25年,京都市

 

たき火を行う際は,次のことに注意してください。

たき火による火災のほとんどが,少しの不注意で発生しています。

次のことを守り,たき火による火災を防ぎましょう。

 

・立会いと消火の準備を確実に!

 必ず消火の準備を行い,たき火をしている間は,その場を離れてはいけません。たき火が終わった後は,確実に消火しましょう。

・風の強い日,空気が乾燥した日にはたき火を行わない!

 火の粉が飛散して,火災が発生しやすくなるので,風の強い日や空気が乾燥した日に,たき火を行わないようにしましょう。

出典 京都市消防局ホームページより 

 

火災
fram7をフォローする
【防災】まいにち
タイトルとURLをコピーしました