100年に一度の地震でも、ヒトゴトとは思わず我がことと考えてみる

日本近海のプレート模式図 地震

1946年(昭和21年)12月21日 昭和南海地震

和歌山県南方沖を震源とするマグニチュード8.0の昭和南海地震が発生し、東海・北陸地方から九州地方にかけての広い範囲で震度5の揺れを観測した。

南海トラフ地震の過去事例を見てみると、その発生過程に多様性があることがわかります。宝永地震(1707年)のように駿河湾から四国沖の広い領域で同時に地震が発生したり、マグニチュード8クラスの大規模地震が隣接する領域で時間差をおいて発生したりしています。さらに、隣接する領域で地震が続発した事例では、安政東海地震(1854年)の際には、その32時間後に安政南海地震(1854年)が発生し、昭和東南海地震(1944年)の際には、2年後に昭和南海地震(1946年)が発生するなど、その時間差にも幅があることが知られています。

出展 気象庁|南海トラフ地震について | 南海トラフ地震とは
f:id:fram7952:20200415142225p:plain
気象庁ホームページ

南海トラフ地震とは

駿河湾から遠州灘、熊野灘、紀伊半島の南側の海域及び土佐湾を経て日向灘沖までのフィリピン海プレート及びユーラシアプレートが接する海底の溝状の地形を形成する区域を「南海トラフ」といいます。

 この南海トラフ沿いのプレート境界では、①海側のプレート(フィリピン海プレート)が陸側のプレート(ユーラシアプレート)の下に1年あたり数cmの速度で沈み込んでいます。②その際、プレートの境界が強く固着して、陸側のプレートが地下に引きずり込まれ、ひずみが蓄積されます。③陸側のプレートが引きずり込みに耐えられなくなり、限界に達して跳ね上がることで発生する地震が「南海トラフ地震」です。①→②→③の状態が繰り返されるため、南海トラフ地震は繰り返し発生します。

出典 気象庁ホームページ

気象庁|日本付近のプレートの模式図

 

地震発生その時

この動画は、南海トラフ沿いで地震が発生した後、時間差で巨大地震の発生する可能性が相対的に高まった場合、必要となる防災対応について、ご理解を頂くために作成したものです。

出典 内閣府防災

南海トラフ地震臨時情報が発表されたら!

出典 内閣府防災情報のページ

南海トラフ地震臨時情報

内閣府ホームページ

南海トラフ地震が発生したら

地震が発生し揺れを感じたら、まず身を守る行動をとります。

出典 内閣府防災情報のページ

まとめ

「災害はひとごと」と思っていませんか?

災害は、いつどこにやってくるかわかりません。
平成7年1月17日、地震は起こらないと多くの人が思いこんでいた関西地方で、マグニチュード7.3の大規模地震による震災(阪神・淡路大震災)が発生しました。
大地震や豪雨などの自然現象は、人間の力ではくい止めることはできませんが、災害による被害は、わたしたちの日ごろの努力によって減らすことが可能です。

出典 内閣府防災のてびきより

タイトルとURLをコピーしました