【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害を知り、備えや心構えは常に持ことが大事です。

大雨のときにどう逃げる?

eラーニングで楽しく学ぶ
「自らの命は自らが守る」

f:id:fram7952:20200717161253j:plain

気象庁から、防災について学ぶことができる動画教材『e-ラーニングで楽しく学ぶ

 

「大雨のときにどう逃げる?」

www.jma.go.jp

 

「避難」を理解するための5つのステップ


STEP01避難を行うためのポイントを理解しよう

youtu.be

【身につく知識】

避難とは[難]を[避]けることであると理解し、「災害リスク」と「とるべき避難行動」を理解することがポイントとなることを学びます。


STEP02あなたの家の災害リスクを知ろう

youtu.be

【身につく知識】

ハザードマップ」や地形などから得られる情報を理解し、「災害リスク」を確認する基本的な方法を学びます。


STEP03大雨の時の避難先

youtu.be

【身につく知識】

「災害リスク」に応じて「とるべき避難行動」が異なることを理解し、避難先は「指定緊急避難場所」だけではないことを学びます。


STEP04避難にかかる時間を考えよう

youtu.be

【身につく知識】

「立ち退き避難」には、「避難の準備」と「避難先への移動」の時間が必要であることを理解し、あらかじめ準備しておくことの有効性を学びます。


STEP05あなたの避難のタイミングを考えよう

youtu.be

【身につく知識】

「警戒レベル」と「とるべき行動」の関係を理解し、「避難情報(警戒レベル)」で確実に避難、防災気象情報を参考に自主的に早めの避難を学びます。