【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害を知り、備えや心構えは常に持ことが大事です。

地震があれば津波にも注意

1983年(昭和58年)5月26日 日本海中部地震

5月26日11時59分、男鹿半島の北西約70㎞でマグニチュード7.7の地震が発生。最大震度は秋田、深浦、むつで震度5。北海道から関東・中部・近畿・中国地方にかけての広い範囲で有感となった。気象台は12時14分に東北地方の日本海沿岸と陸奥湾に「オオツナミ」の津波警報を発表。津波の高さの最大は、能代港で194㎝、酒田で82㎝、深浦で65㎝、男鹿で53㎝、八戸(青森県)で10㎝等であった。<日本海中部地震 秋田地方気象台資料>

 出典 NHK東日本大震災アーカイブより

www2.nhk.or.jp

 

 この地震では津波による被害が大きかったことが特徴で、被害は日本海沿岸の8道県の広い範囲におよびました。また、死者のうち100名は津波によるものでした。

 

地震では、津波や火災などの災害が発生する場合があります。身の安全を図るために、周りの状況に注意を怠らないことが大事です。