竜巻から身を守るには

気象災害

日本のどこでも発生する可能性があり、9月から10月の台風シーズンにかけて発生が最も多い「竜巻」。竜巻は、短時間で狭い範囲に集中して、甚大な被害をもたらすため注意が必要です。気象庁では、竜巻などの激しい突風に関する気象情報として「竜巻注意情報」を発表しているほか、今にも発生する可能性のある地域の詳細な分布を「竜巻発生確度ナウキャスト」で提供しています。これらの情報を活用して、竜巻から身を守りましょう。 

竜巻から身を守るための行動

『竜巻』が間近にせまったら、すぐにみを守るための行動をとる。

野外では

頑丈な構造の物陰に入って、身を小さくする

屋外では

物置や車庫.プレハブ(仮設建築物)の中は危険
シャッターを閉める。
電柱や太い樹木であっても倒壊することがあり、危険。

屋内では

家の1階の窓のない部屋に移動する。
窓やカーテンを閉める。
窓から離れる。
大きなガラス窓の下や周囲は大変危険。
丈夫な机やテーブルの下に入るなど、身を小さくして頭を守る。

出展 気象庁ホームページ|竜巻から身を守るための行動 

竜巻発生確度ナウキャストとは

竜巻発生確度ナウキャストは、竜巻の発生確度を10km格子単位で解析し、その1時間後(10~60分先)までの予測を行うもので、10分ごとに更新して提供します。竜巻発生確度ナウキャストは、分布図形式の情報として防災機関等に提供するほか、気象庁ホームページでも提供します。また、民間事業者による携帯コンテンツサービスも準備されており、屋外活動での利用も可能になります。

出典 気象庁ホームページ|竜巻発生確度ナウキャスト

www.gov-online.go.jp

emg.yahoo.co.jp

タイトルとURLをコピーしました