【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害を知り、備えや心構えを常に持てるよう【防災】は毎日していることが大事です。

津波の被害を想定してみる

1707年10月28日(宝永4年10月4日) 宝永地震


今から300年ほど前に、推定マグニチュード8.6の宝永地震が発生しました。震源遠州灘~四国沖とされ、東海地震と南海地震の連動型の地震とみられています。
 被害は西日本・東日本の太平洋側一帯に広く及び、特に津波の被害が大きく、高知県では標高18m、内陸数kmまで津波が達した地点もあり、沿岸部の集落は軒並み壊滅状態となった。

 

 


宝永地震による津波シミュレーション Tsunami Simulation

 

津波・高潮ハザードマップマニュアル

 津波・高潮被害を軽減するためには、従来からの海岸保全施設の整備とあわせ、危険度情報の提供などソフト施策による住民の災害に対する自衛力を高めることが必要である。

 

津波・高潮ハザードマップとは、津波・高潮による被害が想定される区域とその程度を地図に示し、必要に応じて避難場所・避難経路等の防災関連情報を加えたものであり、住民の避難や施設の必要性の検討などに非常に有効である。

 

内閣府国土交通省及び農林水産省は「津波・高潮ハザードマップ研究会(座長:河田 惠昭 京都大学防災研究所 巨大災害研究センター長)」を設置し、地方自治体によるハザードマップの作成・活用を支援するための諸課題について検討し、津波・高潮ハザードマップマニュアルを策定した。

 

出典 国土交通省 津波・高潮ハザードマップマニュアル http://www.mlit.go.jp/common/000054428.pdf